« エイボン女性年度賞、指定寄付団体として | トップページ | 在宅看護研究センター25年目の交流会を終えて »

皆様のこれからの1/4世紀に期待

創立25年! 3/20参加できないことが残念です。きっと、輝く目を持つ素敵な人達がたくさん

集まってこられることと思います。そこに居るだけで、きっとたくさんの勇気と元気がもらえるんだろうと、いいなあーとうらやましくて、残念でたまりません。

昨日、秋山正子氏のTVを拝見しました。とてもいいお顔でお仕事されているなあーと感じました。

やんわりと、そして鋭くあこがれます。訪問看護振興財団の勉強会や講演会で遠目で、拝見したことはありました。

私の夢の一つは、目じりにいい皺のできるいい表情の老人になることです。そのためには、こころ豊かに暮らすことそう思っています。そのために今私に出来ることを一つ一つ丁寧にしていくことだと思います。本が出版になるとのことぜひ、拝見したいと思います。

この間に63歳のすい臓がんの女性を看取りました。最後の言葉は「思いっきりごっくんしたい!」「自由に動きたい」でした。私の肩に頭を乗せるようにして、やっと一片の氷のかけらを飲み込みました。せめて桜が咲くまで生きていたいと望まれていました。

福島は梅の花が盛りを迎えます。吾妻の雪ウサギも見えてきました。暑さ寒さも彼岸まで、いい季節になります。皆様のこれからの1/4世紀にご期待申し上げます。おめでとうございます。

|

« エイボン女性年度賞、指定寄付団体として | トップページ | 在宅看護研究センター25年目の交流会を終えて »

みんなの声 私の声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆様のこれからの1/4世紀に期待:

« エイボン女性年度賞、指定寄付団体として | トップページ | 在宅看護研究センター25年目の交流会を終えて »