2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト

おすすめの本

無料ブログはココログ

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

【原山建郎の連載コラム】「つたえること・つたわるもの」№162 ラポールをもてる人、自然体の良医、 徳永進さんのホスピスケア。

6月14日、アップした連載コラム「つたえること・つたわるもの」№162をお届けします。


ラポールをもてる人、自然体の良医、徳永進さんのホスピスケア。 | ゴム報知新聞NEXT | ゴム業界の専門紙 (gomuhouchi.com)
かつて「全快(完治)」こそが医学の「勝利」であり、患者の「死」は医学の「敗北」である、と考えられていた時代がありました。しかし、いま、「治らないかもしれない(がんや難病)」患者のターミナル・キュア&ケアを「よろこんで」引き受けてくれるホスピスケアが求められる時代になりました。
前回のコラム№161では、「キュア・ケアする側(医師、看護師など医療者)」から「キュア・ケアされる側(患者とその家族)」に向って、ほとんど一方通行のように施されてきたターミナル(終末期)の臨床を、じつは「キュア・ケアする側・される側」という二元論で考えるのではなく、いわば「形のない家族」 における「ターミナル・ヒーリング(終末期患者を中心に、それをとりまく/家族/医師/看護師をも含めた、全員の人生まるごとの癒し)」ととらえられないだろうか、について書きました。
今回のコラムは、野の花診療所院長・徳永医師の著書(23冊)を読みながら、徳永進医師が実践する「ホスピスケア」の根底にあるものを、さぐってみました。

キーワードは「ラポール」「自然体」「ホスピスケア」「シーツの道(診療所のラウンジで挙げた結婚式)」です。

詳細は☞ ダウンロード - 162.pdf

お時間のあるときに、お読みください。
☆原山建郎☆

 

「心の風景」が幸せになる看護を求めて【メッセンジャーナース通信 2023.06.03 No.184】 メッセンジャーナース認定協会では、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています.

メッセンジャーナースとは?/「開業ナース」を読み解く
─ Messenger Nurse ──────────────────────────
    メッセンジャーナース通信 2023.06.03 No.184
     メッセンジャーナース認定協会
      http://www.nursejapan.com/messenger/

───────────────────────────────────
☆おすすめ

オン・ナーシング Vol2. No.2 (第2巻;第5号) 単行本・2023/5/1
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4910759158/bcd03432-22

───────────────────────────────────
★メッセンジャーナースの会の会員の皆様へ

まだホームページにログインできたいないサイト会員の方は、以下のグループからお入りください。
ご自身のメールアドレスでログインを確認できます。
ご不明の点は、 messenger.ns@e-nurse.ne.jp へお尋ねください。

https://www.nursingm.com/groups

───────────────────────────────────

☆メッセンジャーナースのホームページから
https://www.nursingm.com/

◆ 原山建郎氏の連載コラムです
https://bit.ly/3IRPR4A

◆ 「心と絆といのち」の朗読バトンリレー
https://bit.ly/42fTZSY

◆ 「開業ナース」を読み解く
https://bit.ly/42gAWIl

◆ Web『月刊なぜ生きる』で紹介
https://bit.ly/42nD6pA

◆ 第35回メッセンジャーナース研鑽セミナーのお知らせ
https://bit.ly/3qnVh0Y

◆ 「心の風景」が幸せになる看護を求めて
https://bit.ly/43n5kBY

◆ 癒やしの空間に新たな写真を加えました
https://bit.ly/3IUre7I

◆ 原山建郎氏のコラムが更新されました
https://bit.ly/3NaSJw8

◆ メッセンジャーナースとは?
https://bit.ly/42rFT0J

◆「思いを繋ぐ・いのちを繋ぐ」
https://bit.ly/3CbngDM

◆ 「癒やしの空間」から
https://bit.ly/3Lfl9AV

癒やしの空間では、皆さんからの写真(コメント付き)の投稿をお待ちしています。こちらのグループに投稿いただければ幸いです。(ログインが必要です)
https://www.nursingm.com/group/q1TQqs/discussion

───────────────────────────────────
☆メッセンジャーナースのブログから
http://www.nursejapan.com/messenger/

◆ 『心と絆といのち』バトン朗読の一覧画面
https://www.facebook.com/watch/nursejapanNET/943802172939158/

───────────────────────────────────

◆ 2023年05月の掲載記事一覧はこちらから
http://www.nursejapan.com/messenger/2023/05/index.html

◆ 2023年04月の掲載記事一覧はこちらから
http://www.nursejapan.com/messenger/2023/04/index.html

───────────────────────────────────
☆おすすめの本から

対話で変わる 誤嚥性肺炎診療
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/429611235X/bcd03432-22

───────────────────────────────────
☆会員限定のサイトメニュー(グループ)にログインされたことのない方へ

以下にアクセスしていただき、メールアドレスで新規登録へ進んでいただけないでしょうか。
メールアドレスとパスワードを設定して送信していただければ、のちほど承認手続きをさせていただきます。
https://www.nursingm.com/members

お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

─────────────────────────────
当協会における「プライバシーポリシー」について
─────────────────────────────
* 当協会が個人情報を共有する際には、適正かつ公正な手段によって個人情報
を取得し、利用目的を「事例」に特定し、明確化しています。
*個人情報を認定協会の関係者間で共同利用する場合には、個人情報の適正な
利用を実現するための監督を行います。
*掲載事例の無断転載を禁じます。
─────────────────────────────
メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ
http://www.mag2.com/m/0001196132.html
*「まぐまぐ」を利用していますので、「まぐまぐ」側のPRが入ります。ご了
承ください。
─────────────────────────────
□ 一般社団法人よりどころ〔メッセンジャーナース認定協会〕
─────────────────────────────
〒169-0073
東京都新宿区百人町1-17-10 STビル2F 
看護コンサルタント株式会社内
Tel03-5386-2427 Fax03-3310-7899
認定・審査 m-nintei@e-nurse.ne.jp
応援団   messenger.ns@e-nurse.ne.jp
───────────────────────────────
ホームページ運営・メールマガジン発行:瀬川護(開業ナース応援隊)
───────────────────────────────

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎メッセンジャーナース
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0001196132.html?l=oyf0180c27

【原山建郎の連載コラム】「つたえること・つたわるもの」№161 ターミナル・ヒーリング――患者とその家族から「つたわるもの」

先週アップした連載コラム「つたえること・つたわるもの」№161をお届けします。
ターミナル・ヒーリング――患者とその家族から「つたわるもの」。 | ゴム報知新聞NEXT | ゴム業界の専門紙 (gomuhouchi.com)
その内容は、現在、文教大学(越谷・湘南・東京あだちキャンパス)オープン・ユニバーシティで講じている
『遠藤周作の遺言――「心あたたかな病院がほしい」その1』との関連トピックです。
ターミナル・キュア/ターミナル・ケアは、ふつう、終末期の患者を医療者が「どう治療するか/どう看護(介助)するか」ですが、
鳥取市にある野の花診療所(二階に19床のホスピスベッド、一階は一般内科外来)の徳永進医師が書いた著書を読み返していたら、
終末期患者とその家族の人生だけでなく、ケア(キュア)にあたる医療者(医師、看護師)自身の人生も含めた「ターミナル・ヒーリング(終末期の人生まるごとの癒し)」の世界があることに気づかされました。

5月25日の文教大学(越谷校舎)オープン・ユニバーシティ(社会人向け教養講座)『遠藤周作の遺言――「心あたたかな病院」がほしい その1』第3回講座では、肺結核や腎臓病などで長く苦しい闘病生活を経験した遠藤さんの切実な思い「患者をこれ以上苦しめないでください」をとりあげる。
遠藤さんはまた、1982年4月、読売新聞夕刊の連載エッセイ『患者からのささやかな願い』の①(第1回)に、『病気の「治療」だけでなく、患者に「心のなぐさめ」も』と題する一文を寄稿している。

№161 ターミナル・ヒーリング――患者とその家族から「つたわるもの」
 最近、御存知のように日本にも随分立派な病院がたちました。巨大な建物や完備した医療設備。それを見学したことも何度かありますが、私は、そのたびごとに感心しながらも「何かが欠けている」――そんな気がいつもするのでした。何が欠けているのだろう。こんな立派な病院に来て、なぜ、何かが足りないと思うのだろう。すぐに思いあたりました。
 それはここでは病気を治そうと試みているが、病気にかかった人の孤独感や苦しみを慰める点ではほとんど神経を使っていない。つまり医者や看護婦さんの努力や善意にかかわらず、日本の病院そのものは重症患者の孤独感や絶望感にはあまり心をくだいていない気がするのです。
(『患者からのささやかな願い』①、讀賣新聞1982年4月1日夕刊)

続きは☞ ダウンロード - 161.pdf

次回の連載コラム№162では、「看護師の目をもつ病院・在宅ホスピス医、そして日本の「良医」のおひとりである徳永さんのことを書くつもりです。


お時間のあるときに、お読みください。
☆原山建郎☆

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック